オトナ女子の美容コラム

2021/02/22

デリケードゾーンは「ザラザラ」がポイント?

C11AD090-A183-4E47-B2CB-78A05BA34B79.png

8253B14A-9380-4D4C-B524-C127FBB7D666.png

おはようございます

いつも読んでくださりありがとうございます✨

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

Organic*salon Aのあすかです♫

@LINEにてお悩み相談を受けています♪

 

C52F2248-A876-4057-A771-E2DC5BBCC536.jpeg

 

 登録お願い致します!

すぐに返信が出来ない事もございます(◞‸◟)

 

ゆっくり順番にお伝えしていきます☺️

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

3C6CCC9B-B8D3-4F57-8D68-79508A3C3BED.png 

 デリケートゾーンのチェックしてますか??

女性なら誰しも1度は悩んだりする場所かと思います

 

デリケートゾーンでのお悩みで多いのが

 

ニオイ・かゆみ

黒ずみ・便秘・尿もれ

 

20代の女性でも尿もれを経験する例も

このストレス社会の中で生きている若い女性も

多いのが現状です

 

まずデリケートゾーンは

潤っているか確認して欲しいなと思います♪

 

健康的な状態であれば

「しっとり」していることです

 

年齢問わず、自分のデリケートゾーンは

しっとりさせてあげることが

良いのです

 

そのチェックポイントとしては・・・

「膣のザラザラ感」

 

膣の中に自分で

触ってみると

ザラザラしているのかが

ポイントになってきます

 

では乾燥すると

膣の中ってどんな状態なの?

これがわからないことには

比べられないですよね??

 

膣の中が乾燥すると

どうなるかというと

ピーンと張って

ツルツルしてきます

 

怖くて無理だと思う方も

いると思います・・

 

できるときでいいと思う

何もいますぐやってというわけでは

ありませんが

 

心とデリケートゾーンは

繋がっています

 

生理前での症状が出たりする方は

ぜひ自分の膣がどんな状態なのか

知っておくのが1番だと思います

 

女性がもつ生理機能は

女性にしかわかりません

 

またデリケートな悩みでもあり

相談しづらい

婦人科に行きずらいなど

4C0FA147-BEB2-4D88-9889-94F7AB59A77E.png

不安要素もたくさんあると思う

 

だから自分の体は

ゆっくり向き合う時間が必要です

 

忙しさを理由に

自分の体を疎かにしすぎていると

気づかずに病気が迫ってくることも

あります

 

わたしも昔から生理不順です

 

それは自分が自分の体を

まだ大丈夫

こんなの当たり前と思っていたから

 

生理不順でも何も気にせず

生理痛があっても

痛み止めを飲んで

仕事をしていました

 

また仕事柄

18歳から大手企業で

働くというプレッシャーで

暴飲暴食で胃腸炎を

繰り返したり

夢でも仕事に追われる夢を

見たり苦しい日々を

過ごしていても

それはみんな女性はあるもの

わたしだけじゃないと

自分に言い聞かせて

過ごしていました

 

24歳から医療の道に

進み約6年近くは

夜勤を月に5回以上するという

現状もあり

圧倒的な人手不足の中で

自分のからだを酷使して

ガムシャラに働き

人の分まで仕事をする

そんな状態で一生懸命に

働いてきたからこそ

めまいがしてもほっておき

頭痛なんて3日に1回なんて

あたりまえ

 

病院だから痛くなれば

誰かから

頭痛薬をもらって

飲んで仕事をするのが

当たり前でした

 

でもねふと考えたんですよ

わたしは体を壊してまでも

守りたいものは何だろうか?って

 

自分の体の変化に気づいているのに

薬を飲んで誤魔化し

 

患者さんのケアしているて

おかしいなって

 

これってほんとにわたしにとって

必要なことなの??

 

冷えが年齢を重ねて感じるようになり

生理不順と共に経血への不安や

来ないという不安

ランダムにくる生理痛の痛さ

 

めまいや原因不明の高熱

 

明らかに今のわたしは

健康とはいえない

 

睡眠を惜しんでまでも

仕事へ没頭し

自分の睡眠と引き変えに

 

美味しいと感じられる

食事の取り方も変化し

ただお腹を満たせればいいだけ

 

忙しい忙しいが口癖になり

大変だ大変だが口癖になり

 

わたしはいつも頑張っているのに

評価されず

ただ悪口を言われてるのを

人づてに感じる言葉への

嫌悪感

 

休みの日は何もしたいこともなく

ただ家にいる

そんな時間って

自分の時間て言えるんだろか

 

それって健康的な生活と

言えるんだろうか

 

わたしの感情は一体

どこからだろう

 

何でこんなにいつも

怒っているんだろう

 

なぜ人を変えようと

しているんだろう

 

わたしはわたしで

満たされる時間を過ごしていない

 

そう感じました

 

生理前の頭痛や生理痛に

わたしはずごく悩んでいました

でも病院には怖くて行けなかった

だからといって

話せる相手もいませんでした

 

だから今わたしは

生理学を小林社長から

学んでいます。 

6CA2F91D-8CD8-4F2D-BDC3-311AAFE58DF3.jpeg 

 

 小林味愛 (こばやし みあい)

株式会社陽と人 代表取締役

1987年東京都立川市生まれ。

慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、

衆議院調査局入局、経済産業省出向。

その後、株式会社日本総合研究所での勤務を経て、

2017年に福島県国見町に

「農産物の流通・6次化商品開発・ 地域づくり」を行う

株式会社陽と人を設立。

現在、東京都と福島県の2拠点で活動を行なっている。

 

 

EB6A0FD3-84D3-42E5-A668-53638CFC22A2.jpeg

この言葉に共感し感動しました

 

講義を聞いている中でも

人柄の良さや想いあふれる人に

わたしは強く感動し

わたしはサロンでも

フェミニンケアブランドを

お取り扱いしています。

 

今日じゃなくてもいい

明日からでも自分らしい

自分の人生を

生きていきたいですね

 

この生理学のアウトプットは

まだまだ続きます・・

 

もしわたしもデリケートゾーンで

悩んでいる

またはケアしてみたいけれど

どんなものを使用したらいいのか

わからないという方は

ぜひラインでもお問合せでもくださいな♪

 

 <a href="https://reserva.be/organicsalona1216/reserve" target="_blank"><img src="https://reserva.be/reserva/images/btn_reserve_2.png" alt="RESERVA予約システムから予約する" width="120"></a>

D9BBEEC4-812B-4A3F-BE99-3E5FCC58C970.png 

 

********************

 

Organic*Salon A 栗田 明日香

美容部員時代に、年間約4000人以上の接客実績

 

新規愛用者獲得、社内2位だった実績もあり

 人の顔と名前を覚えるのが特技 笑笑♪

  よりホスピタリティーを求め、

病院にて看護・介護の世界へ。

人工透析などの患者様のケアしていくうちに

自然療法・植物療法に興味を持ち

同じ30代40代のオトナ女性の為の

キレイになりたいを叶えたいと思い

その為には、

商品の販売をしていくだけでなく

肌に触れる事のお手当をし、

自身の自然治癒力がつく

スキンケアを提案したいと思い

サロン開業。

開業後は、紹介や口コミのみで

在学中にモニター100名達成する。

「サロンに来ると、寝るスイッチが入っちゃう」と言われるほど

 

まるで自分の部屋のような

安心感とぽっちゃりセラセラピストの

おうちサロンです☆

 

*********************

 

C52F2248-A876-4057-A771-E2DC5BBCC536.jpeg

 

@LINEからのお問い合わせの方が

確実で早いです♫

登録されると公式アカウントより 

 初回限定特典🎁 

 

002CD05B-36DE-4121-BB14-3A3E63DCE4DF.png